血液検査に・・・

昨日は、血液検査に行ってきました 


昨日の看護婦さんは、下手な人で、
採血の前にゴムバンドできつく腕を縛られ過ぎたのと、
終わった後に、コットンで針を刺した部分を押さえるのが遅かったのとで、
血をとった後に
注射を刺した部分から、血液がピューッと吹き出て、
床に血液が飛び散ってしまい、ちょっと恐ろしかったです・・・。

ギョッとして 

「Oh my gosh!!!」
(=`ω´=;)  と叫んでしまいました。


そういえば、ネットの辞書(英辞郎)で、
 「日本人が「Oh my gosh!!!」 を言うと、不愉快に感じる人がいる。」

  と書いてあるのですが、どういう根拠か謎です・・・



ちなみに、この看護婦さん、
ゴム手袋の指の部分が破けてて、
直に触られてたのでちょっと引いてしまいました。( ̄ω ̄;)

昨日は、血液検査のみだったので、診察はありませんでした。

先月診察したときは、先生から

「2月以降、甲状腺の状態がやや安定してきてる」 と言われました。

「じゃあ、もう目の手術が出来るって事でしょうか??」 と聞いたら

「この先、6ヶ月間安定していれば、目の手術を考えても良い」 

・・・との事でした。


薬を減らすと、亢進してしまうかもしれないので
薬の量は、朝1錠・夜1錠 のままです。


ここ1年半位は、甲状腺ホルモンが薬で全然安定させる事が出来ずに
眼の痛みと、体調の悪さに悩まされていました。

でも、今年の3月以降から、眼の痛みが和らぎ、体調の悪さも激減したので
まだ本調子とは言えませんが、かなり生活が楽に成りました。

甲状腺機能亢進症(バセドウ)と言う病気は、
安定したと思っても、その状態が長続きしない事が多いので、
まだまだ、今の時点で安心は出来ません。。 (´・ω・`*)

来年の2月ころ迄、安定していれば、病気がひと段落したと考える事が
出来るのかも・・・。

どうか、甲状腺摘出の手術を受けずに
このまま、安定してくれますように・・・。 










2008/08/09(土) | バセドウ病治療&通院 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/125-023c7498
 |  HOME  |