スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バセドウ眼再発

どよよ~~んぐるぐる

先週辺りから、体がだるくて朝起きれない日が続き始め、
一日中、頭がボ~~っ、体はダルイ、食欲不振・・・
これは、おかしいな・・・と思っていたら、
とうとう、先週の木曜日辺りに
またしても左瞼が腫れて、左目が盛り上がってき始め
左目に痛みが襲ってきはじめました。
ちなみに、右目は大丈夫・・・。

私の場合、バセドウの症状が左目から出始めたので、
甲状腺ホルモンの上がり下がりが始まると
いつも左目に支障が出始めるのです。うるうる涙

昔は、後藤久美子に似てるなんていうお世辞をときたま言って貰えましたが、
(後藤久美子を、100回殴った感じでしょうか。)
バセドウ病&眼になってから、そんな面影どこにもあらず・・・
昔の写真を見ると、自分でも【整形したのか?】と思うくらい
面影が無いので、ガクッと来てしまいます。。
あっ別に、昔は美人だったとか言う訳ではないんですけどっ( ̄ω ̄;)
ステロイド治療で、10キロ以上体重が増加したせいもあるとは思いますが。。


さておき・・・

ココ半年以上、バセドウのお薬PTUを1日2錠飲みつつも
甲状腺ホルモンが安定値に入っていて、
眼の痛みも無く、体調も結構良かったのです・・・。

11月26日の血液検査の結果は、
THSが、少し上がってるけども
甲状腺ホルモン(T3,T4)は、安定値
に成ってたそうです。

症状が出始めたのが、最後の血液検査から1週間後なので、
血液検査の時は大丈夫だったのかもしれません。

早速、ファミリードクターの予約を取り、今週金曜日に行く事にしました。

内分泌科の先生の指示(電話)で、薬PTUを、1日2錠から
1日目は2錠、2日目は1錠、と交互にするようにと言われました。
この時の電話で、内分泌科の先生は、
9月の診察のとき私に、
甲状腺の専門眼科を紹介する・・・と言った事を思い出したようで、
急遽来週の、専門眼科の予約を取ってくれました。

私も、忘れてたわけじゃないけど、体調も眼の調子もそこそこ良かったので
専門眼科の予約の件を催促しないで居たんですよね・・・。

なんか・・・
甲状腺の専門眼科と言うのがアメリカにもあるのなら、
最初から、そこを紹介してくれるべきだと思うのですが。

しかし、慣れたとは言えアメリカの病院のシステムは、とても面倒くさいです!
まず最初に、歯医者意外の事は何でも
ファミリードクターに見てもらいに行きます。
骨折であろうが、眼の痛みだろうが、とにかくファミリードクターへ!
そして、ファミリードクターが、他の病院の専門医を紹介してくれるので
別の日に、そちらに行く・・・というシステムです。
通い始めたら、直接予約を取って通院する事が出来ますが・・・

ファミリードクターの予約は、1週間以内に取れるのですが
アメリカの病院は、大体どこも予約が取り難いので、数週間待ちは当たり前。
行きたいときに、すぐ病院にいけない!と言う辛さがあるのです。
本当に、辛く成って我慢できないときは、
アージェントケアか、救急病院に行けと言われますが・・・
患者にしてみたら、専門医に直ぐに見てもらいたいものです。


バセドウに成ってからの私の場合、

まず、ファミリードクターへ。

ファミリードクターが  内分泌科を紹介。 ◎
              普通の眼科を紹介。 ○
              甲状腺のウルトラサウンドを撮るための病院を紹介。             
 
普通の眼科が     眼の手術の専門病院を紹介。○ ←これがよく解らない
              眼と鼻のMRIを撮る病院を紹介。
              視神経の病院を紹介。
              網膜の病院を紹介。

内分泌科が       甲状腺専門の眼科医を紹介。


◎が、血液検査に通ってる所。
○が、数ヶ月に1回通院してる所。


眼の手術の専門医、、、
眼科が紹介してくれたのですが、
始めのうちは、眼球が突出するのを抑える為に、
ステロイド剤を処方してくれたりしてたので、
私は、この医者がバセドウ眼も専門に扱ってる医者だと思ってたのです。
しかし、数ヶ月前に、それは違うという事に気が付いたのでした・・・

おっと、長パソコンは眼に悪い・・・
今日の所はこの辺で(○'ω'○)


甲状腺&内分泌ブログランキング体内 maker ポチッと宜しくお願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ

2008/12/11(木) | バセドウ眼症治療&眼窩減圧術 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

珠子

『』

あららら、大丈夫ですか?お大事にしてくださいね…
なんてことぐらいしか言う事ができないのですが…

アメリカの医療制度ってほんとうに複雑ですよね。
これまで大きな病気をしたことがないので、
話に聞くぐらいしかないのですが、
このままできるだけ病院のお世話になりたくないものです…

ほんとうにお大事にしてくださいね。
でも、ブログの更新はまってますよ~
(↑目に悪いんですよね…矛盾~。。)

2008/12/11(木) 18:10:25 | URL | [ 編集]

えすわい

『』

あ~ツラいですねぇ・・・
早く腫れや痛みが和らぐといいですね。お大事に。

カナダの医療システムも似たような感じです。
ファミリードクター、一応いますけどちょっと遠くて不便なので
この間近くのウォークインクリニックに言ったら
そこのDr.が「これは自分の仕事じゃないっっ」と医者らしからぬ発言をしてました・・・
「おいおい、じゃぁあなたのお仕事は一体なぁに?」とイヤミっぽく聞いてやったら
「ここはプチ救急みたいなもんなんだ!」だって。
調子悪いと思ったから予約の要らない近場の便利なクリニックに行ったのに
その言い草は何なんだwww!!と思いましたョ。
もとい、北米のシステムは便利がよくない!
時間かせぎして、その間に悪くなったらどうするの?って思います。
Marukoさんも早く本当の専門医にたどり着けますように・・・

2008/12/12(金) 03:00:04 | URL | [ 編集]

Maruko

『> 珠子さんへ』

ありがとうございますm(_ _*)m

ほんとに、アメリカの医療制度は複雑ですね。。
あっちこっち行かされ、その都度一から問診があるので
患者は時間も手間も、お金も掛かってしまいます。。
年に一回の健康診断と、歯医者以外で病院には
行きたくないものですね・・・。

2008/12/14(日) 17:43:11 | URL | [ 編集]

Maruko

『> えすわいさんへ』

ありがとうございます。m(_ _*)m

そうなんです、そうなんです!
「これは自分の仕事じゃないから」という言葉を
私も何度か聞かされました・・・。そして、別の所に行かされるのです。カナダも同じ感じのようですね。
日本のように、自分で行きたい科を選んで行ける便利さを知ってるだけに、
もどかしいやら、腹が立つやら、、そんなこんなで
どんどん具合が悪くなってくるのです・・・。
はやく、あっちこっち行かされなくて済む様に成りたいです。

2008/12/14(日) 17:53:43 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/157-e058ef63
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。