スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドクター・クロアチアン


本日は、眼科(網膜の医者)の所へ行ってきました。


~~今日ドクターに告げた事~~~~~~~~~~~~~

左目のぼやけが、今月始めに診察に来たときよりも更にぼやけてる事。
左目の奥がここ1週間で、熱っぽさが増したこと。
右目の奥が、筋肉痛のように成ってる事。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”使える”ドクターの見解

「今まで、ステロイド注射や、色々な薬を使っても、炎症が抑えられなかったので、
キモセラピー(抗がん剤による科学治療)が必要かもしれない。
でも、今後の出産の事や副作用を考えると、あまり持ちいりたくない。

とりあえず、キモセラピーが出来る体の状態かどうか、
血液検査と、胸部レントゲン検査を他の病院でして、
その結果が出るまでの間の繋ぎとして、炎症を抑える飲み薬を(ディクロフェナック)
を飲んでいて下さい。
結果が出たら、キモセラピーをするかどうか相談しましょう。」

「あと、左目の眼圧が上がってるので、目薬を変更しましょう。」


~~出された薬~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ディクロフェナック(Diclofenac)50mg 錠剤

目薬 (左目用に) コンビガン (combigan)0.2/0.5%

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今月始めに処方された非ステロイドの錠剤:メロキシカム(Meloxicam)は、
副作用が強すぎて、ドクターに相談して辞めてしまいました。

キモセラピー(抗がん剤による科学治療)は、
白血球が急激に減少する場合もあるので、
3週間毎に、診察や血液検査が必要なのだそうな・・・。


なんだか、大変な治療に成りそうだし、副作用が恐ろしいので、
とりあえずで出してくれた薬で、目の奥の炎症が治まってくれると良いなぁ・・・


甲状腺&内分泌ブログランキング体内 maker ポチッと応援宜しくお願いします♪

      にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ




2009/03/28(土) | バセドウ眼症治療&眼窩減圧術 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/179-95f9b328
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。