スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バセドウ眼の原因&副鼻腔のドクター


相変わらず、眼の調子が悪い今日この頃・・・(+ ω +;)


先週は、副鼻腔のドクターの所へ行ってきました。

副鼻腔のCTスキャンを撮った結果は、
ノーマルで、感染症なしでした。


ドクター曰く、去年の眼科減圧術で右目下の少し残した骨に、
目の奥の筋肉の炎症を起こしてる部分が当たって
痛みが起こるのかもしれない・・・のだとか。
でも、目の奥の痛みや、瞼の腫れは甲状腺が関係してると思うとの事でした。

甲状腺と、目の関係が医学的にはっきり解明されていないようで、
内分泌科のドクターに言わせると、
バセドウ視と甲状腺ホルモンは別の病気らしいのです。

私的には、過去&今を思うと、バセドウ視の状態と
甲状腺ホルモンの状態は、やはり関係してると思う今日この頃です。。


念のため、と言うことで
アレルギーの薬、アレルギー用目薬、アレルギー用鼻プレーのサンプルを出されて、
1ヶ月使って薬が効いてるようだったらば、アレルギーが原因してると思うけど、
効かないようなら、やはり甲状腺ホルモンが原因だと思うと言われました。


サンプルどっさり
副鼻腔 アレルギー薬のサンプル


こちらの病院では、処方箋で貰える薬や、
市販されてる薬のサンプルをよくくれます。
あと、市販されてる薬を使うように言われる事も、よくあります。
恐らく、アメリカの医療費が高いので
市販薬が充実してるからなのかと思います。
ちゃんと保険に入ってる私からすると、
処方箋を出してくれたほうが安上がりなのに・・・と思うこともしばしです。




この副鼻腔のドクターは、こちらでは数少ない使えるドクターです。
ちゃんと、目の痛みの原因を考えてくれて、おまけにハンサムです。
いつもの目の奥の医者は、痛みを訴えても
ステロイド剤を出すだけで、原因は考えてくれていそうもありません。
内分泌科のドクターは、4分の1日本人の血が混ざっていて
可愛い女の先生なのですが、イマイチな感じです。
日本では、薬治療が一般的なバセドウ病も
アメリカでは、バセドウ病は、手術で甲状腺を摘出(もしくは放射線治療)
が一般的なので、手術以外の治療方は考えられないようです。

少々不満があっても、日本のように
自分であちこち病院を選べないので、一応定番のドクターの下へ通ってます。


2010/05/11(火) | バセドウ眼症治療&眼窩減圧術 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

あと半分。

『つらいですね・・・』

目って、体の表面に露出してる唯一の脳の部分
・・・そんな表現を、何かで読みました。
脳→目は、ダイレクトだし
それだけ複雑な問題がからんでそうですね。

でも医者って、患者の言葉には聴く耳持たない所
ありますよね。自分の医学知識が全てになってるというか・・
現に自分の体で苦しんでる患者の言葉を
軽んじ過ぎだと思います。

でも苦しんでる時だからこそ
ハンサムな先生がいいですよね。v-410
潰れたまんじゅうみたな顔したジジイよりは
ハンサムの方がいいです・・・

サンプルの山が凄いです・・
どれか効いてくれるといいのですが・・

2010/05/12(水) 04:28:49 | URL | [ 編集]

さきち

『こんなにすごい量でサンプル!』

サンプルの領域を越えてますね~v-12
でもこれが利いてくれれば
医療費助かりますもんね。
骨と筋肉の炎症じゃ、またおこりそうだし
季節性のアレルギーだといいなぁ。
使えるドクター、見た目も大活躍!やるなぁv-398

2010/05/12(水) 05:14:10 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

確かに、疲れ目に成るだけでも、
頭痛がしたり頭がぼ~っとしたりするので、
脳→目は、ダイレクトに関係してるのだと思います。

弱ってるときに、ハンサムな先生に会えるのは
せめてもの気分転換なのですが・・・・
ハンサムな先生だからこそ、鼻の穴にホロスコープを入れられて
見られると、嫌~な気分にも成ったりします・・・←!?
女心は微妙です(o-´ω`-)

日本で医者にかかったときと比べると、
流れ作業で診察されたり、態度が横柄だったり、
説明が不十分な医者に会う率は少ない感じがするのですが、
日本だと、過疎地じゃ無い限り、自分で病院を選べる自由があるので
どちらが良いのやら・・・?。

2010/05/13(木) 21:27:31 | URL | [ 編集]

Maruko

『さきちさんへ』

サンプルサイズの薬じゃなくて、
売ってる薬をそのままくれる所が、よく解りません(o-´ω`-)??

この辺の医者は、イマイチな人ばかりなので
ハンサムドクターが、際立って素晴らしく見えます。
でも副鼻腔のドクターなので
毎回、鼻の穴をホロスコープで覗かれてしまうのが、
ちょっと嫌なんですけどねe-263

2010/05/13(木) 21:52:55 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/246-59dd6cad
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。