スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫エイズの卵

血便騒ぎで、動物病院で採血を受けたボロニャン。

その後、再採血が必要と言われて受けた結果、
FIV(猫エイズ)が陽性でした。 


ドクターの話によると、
検査の結果が陽性=エイズ感染では無くて、
今は、ウィルスを持っている段階で、
発症して始めて、エイズになるそうです。
現時点では、ステージ1~4まであるなかの、
1の土台にもボロニャンは乗ってないようです。


100_0683.jpg



日本では、FIV(猫免疫不全ウィルス感染症)と呼ぶようです。


話がややこしかったのですが、
エイズに発症してるわけではなく、
エイズの卵を持ってる状態という事のようです。
その後、発症する事もあるが、しない事もあるとドクターは言ってました。 


しかしながら、自己免疫が低下しているので、
健康な猫ちゃんならば自己治癒出来る病気(風邪等)治癒出来ない事がある為、
外には絶対出さずに、食欲、便、行動の変化が無いか様子を見て下さいとの事でした。


ボロニャンは、元野良猫で、我が家に来て完全家猫に成ったのが今年3月末。
ちなみに年齢は、せいぜい1歳との事。(去勢した病院で診て貰った結果)
たぬき猫のように、何が何でも1日1度は外に出なきゃ気がすまない!
・・・と言うふうでも無く、お家の中で1人遊びしたりして、良い子にしてくれてるので、
『外には絶対に出さない』のは大丈夫です。




100_0686.jpg



ドクター曰く、感染の原因として考えられるのは、下記の3つだそうです。

・外で、感染してる猫と喧嘩をして、うつされた。
・ボロニャンの母親が感染していて、その母乳で感染した。
・ボロニャンの母親がFIVワクチンを接種していて、ボロニャンの中で免疫力がまだ出来てない。


アメリカでは、FIVワクチンが2002年に販売されて、
動物病院で予防接種が受けられます。
でも日本ではまだ、このワクチンの許可が下りてないそうです。



ボロニャンには、元気で長生きして貰いたいので
もっと、FIVについて勉強しようと思います(*´・ω・`)




2010/05/30(日) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

あと半分。

『そうでしたか・・・』

猫エイズ・・・
元野良だから、仕方ないですよね・・
ウチのブッチや姉にゃんこも
罹ってる可能性、ありますもんね。

でも、エイズが発症しなければ
普通に生きていけるんですね。
ボロニャンの幸運を祈ります・・
長生きできますように。v-410

2010/05/31(月) 03:21:35 | URL | [ 編集]

さきち

『心配ですね(><)』

免疫力がUPしてくれると
タマゴ撃退してくれたりするのかなぁ
友人宅のニャンはエイズ持ちでしたが
長生きしてますよv-392
免疫力を上げるのに「初乳」がいいと聞いた事があります。
しかしボロニャンのシッポーーv-311ライオンっぽい~v-344
この姿は新種の猫ですねv-398

2010/05/31(月) 05:42:12 | URL | [ 編集]

みぃ子

『』

ボロニャ~~~ンv-11v-11
可哀想に・・・、そしてMarukoさんもお辛いですね~v-356

それにしてもボロニャンのこのノビ方(寝転がり方)は
狸ちゃんの真似でしょうかね、
Maruko家のにゃんこは、みんなノビノビしてますねv-343v-343
可愛いぃぃv-343

2010/05/31(月) 18:53:27 | URL | [ 編集]

えすわい

『』

ボロニャン、FIVでしたか・・・でも結構多いみたいですよ。
しかも陽性でも元気に暮らしている話も
他のブログで読んだりしますよ。
無理しないで長生きしてね、ボロニャン♪
それにしてもこのしっぽ、ステキすぎです(笑)

2010/06/03(木) 15:07:28 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

なんとなく、ボロニャンは体が弱そうな感じていたので、
結果を聞いたときは、”やっぱり”と思ってしまいました。
自分が病気持ちなので、病気持ちを見抜けたのかもしれません(!?)

でも発症さえしなければ、普通に生活していけるそうなので、
これからは、ボロニャンの体のサインを見逃さないように
注意してあげようと思っています。

オスは、メスよりも喧嘩が多く、
他の猫から病気を移されやすいんだそうです。
甘えん坊のブッチと、美猫姉ニャンこも、
あんなに可愛い姿をしてても、
結構サバイバルな生活を送ってるかもしれませんよね。。

2010/06/03(木) 18:55:58 | URL | [ 編集]

Maruko

『さきちさんへ』

まだ発症してるわけでも無いのに、
エイズという言葉を聞いただけで、
動揺してしまいました。


でも、必ず発症するわけじゃないようですし、
さきちさんの知人の猫ちゃんが長生きしてると聞いて
ホッとしました。

あの尻尾を、ピンと立てながら歩いてる姿が笑えるんですよ~(*^ω^)

2010/06/03(木) 19:27:52 | URL | [ 編集]

Maruko

『みぃ子さんへ』

エイズと言う言葉を聞いただけで、動揺してしまいました。
でも、まだ発症してる訳ではないのでホッとしましたが、
これから、ボロニャンの体調の変化に気をつけてあげようと思っています。

たぬき猫も、ボロニャンも、いつも伸び切って寝てて
めったに丸まって寝ないんです。
この種類の特性なんでしょうかね( ̄ω ̄;)?謎)

2010/06/03(木) 19:37:59 | URL | [ 編集]

Maruko

『えすわいさんへ』

ボロニャンはまだ1歳で、
ようやく我が家ににたどり着いて来てくれた事を思うと、
不憫に思えてしかたなかったのですが、
陽性でも、発症するとは限らないそうですし
えすわいさんから、元気に暮らしてる猫ちゃんも居ると聞き安心しました。
今、とっても元気にしているので、
体調の変化だけは、気をつけて見てあげていようと思います。



2010/06/04(金) 01:27:47 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/250-2eb5f3c0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。