スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眼科減圧術の続きの手術を受けることに

今月末に、右目の下の骨を取り除く手術をする事に成りました。


2ヶ月ちょっと前から始まった目の奥の痛みが、
左目は大分和らいできたのですが、
右目の奥の痛みがなかなか引いてくれず、
朝起きたときの、瞼の腫れも相変わらずで、
先日は、眼の奥の眼科へ行ってきました。


痛みにも慣れてきてしまった今日この頃・・・


ドクター曰く、
先月、ハンサムな副鼻腔のドクターが、CTスキャンを撮った際に言ってた通り、
去年受けた眼科減圧術で、右目下の少し残した骨があり、
目の奥の筋肉が炎症起こして腫れたときに、その骨に当たるのが
痛みの原因だと思う、との事でした。

ステロイド剤20mgも、かれこれ1ヶ月以上飲んでいるのですが
効いてる様子も無く、
途中、解熱効果のある Diclofenac sodium 75mg日本名(ジクロフェナックナトリウム)
をだされて飲んだものの、胃が痛くなっただけで
効果はよく解りませんでした。


本当は、眼の奥の炎症や腫れが起こらなくなれば良いのですけど・・・

バセドウ眼症は、バセドウ病とは別の独立した病気で、
甲状腺ホルモンとの関係が医学的にはっきりしてないそうです。
なので今後、甲状腺の手術を受けたり、病気が治ったとしても
それでバセドウ眼症が治る保証も無いので、
右目の下の小さい骨を採る手術を受けることにしました。


明日は、ハンサムな副鼻腔のドクターの診察の予約が入っています。
先月、眼の奥の痛みは、アレルギーによるものとも考えられる。という事で
念のために出してくれた
アレルギーの薬、目薬、鼻スプレーを1ヶ月使った効果の確認です。
アレルギーの飲み薬は、気分が悪くなってしまい数日しか飲めなかったのですが、
結局、アレルギーでは無かったようなので飲めなくて良かったかも。。

そんな訳で、明日は目の保養で(?)ハンサムなドクター に会いに の診察に行ってきます。



その人、僕よりハンサムなわけ?
100_0757_20100611105933.jpg


(*´・ω・`;)えっと・・・

ボッ、、ボロニャンのほうがハンサムです

2010/06/11(金) | バセドウ眼症治療&眼窩減圧術 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

あと半分。

『こんばんは。』

目の下の骨を取り除く・・v-399
なんか痛そう・・!
Marukoさんって、痛いことばかりみたいで
すごく気の毒になります・・v-409
でも目の奥の痛みが引いてくれないと
いつまでもつらいですもんね・・
手術後に、痛みが消えてくれます様に!
祈っています・・

”副鼻腔のハンサムなドクター”
かなり心の張りになってるみたいですね。v-410
痛いことばっかりじゃ、あんまりですからね。
ハンサムな先生がいて良かった!
ハンサムなボロニャンもいるし。
やっぱりイケメンに限る!v-411

2010/06/11(金) 09:25:56 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

そう言われてみると、、
私の人生、痛い事が多いような気がしてきましたe-263
そういう宿命なのかもしれません((*´-ω-`;)?

副鼻腔のドクターは、ハンサムなだけでなく
親切・丁寧で、アメリカ人には珍しく機転が利くので、
目の保養(?)以外にも、助かっています。
前回、CTスキャンを撮って、右目の下の骨が原因ではないか?
と気づいたのもこのドクターで、
眼の奥の手術医の所だけに通っていたら、
薬漬けにされてただけのような気がします。。

とはいえ、手術をしてみないことには
痛みが解消されるかどうか解りませんが・・・
骨を取る、とか客観的に聞くと、ゾゾッとしますね。。

2010/06/12(土) 18:18:46 | URL | [ 編集]

さきち

『ボロニャン!』

ハンサムに嫉妬???
手術することになったんですねv-393
原因がハッキリしているから
これで痛いのやツライのが無くなって欲しいですね!
目の保養しつつv-353大事にお過ごしくださいね~v-398

2010/06/14(月) 03:30:53 | URL | [ 編集]

Happy Blue Bird

『』

Marukoさん、ちょっとご無沙汰している間に、勇気がいる決断をされていたのですね。
アメリカの医療技術は優れていると聞いています。頑張ってください。お祈りしています。

2010/06/14(月) 04:25:26 | URL | [ 編集]

Maruko

『さきちさんへ』

ありがとうございます((*´-ω-`)

まさかまた、目の奥の骨を削る事に成るとは思いもよりませんでしたが、
これで、痛いのや辛いのが無くなって、薬漬け生活から開放されると良いのですが・・・。
術後は、イケメン猫ボロニャンでも眺めて、ゆっくり目の保養をしようと思います。
ボロニャンは、まだまだ動きがお子様なので、いつも笑わせてくれるんですよ。

2010/06/15(火) 00:58:51 | URL | [ 編集]

Maruko

『Happy Blue Bird さんへ』

どうもありがとうございます。

こちらの医療技術は、優れているハズですよね。
日本からアメリカに、手術を受けに来るスポーツ選手等も居る位ですし・・・
まさか、また眼の奥の骨を削る手術をする事に成るとは思ってもみませんでしたが、
「優れている」と、考えていたら不安が減って来ました。


2010/06/15(火) 01:16:28 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/252-30fee735
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。