スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

眼窩減圧術の続きの手術を受けて・・・

6月30日に受けた、眼窩減圧術 の続きの手術のまとめ記事です。


手術を受けてから、そろそろ2ヶ月に成ります。

大分、眼球が動かしやすくなりましたが、まだ目の奥に筋肉痛のような重みや
熱っぽさがあり、少し頭痛もしています((*´-ω-`)



とりあえず写真を・・・




        不気味なドアップでスイマセン・・・

Graves eye


手術は、目尻を切って行ったので、10日後に抜糸に行きました。

眼窩減圧術を受けたときよりも腫れや充血が酷くて
目の充血が、3週間位取れませんでした。


術後の4週間目は、まだ瞼が腫れぼったく、
ピントが合わせずらい目を、無理やり見開いてるので、
かなりこわばった感じで写ってます。



写真を作ってから思ったんですけど、
今回は、眼窩減圧術を受けたときのようにビフォー・アフターの変化が無いので
載せる意味は無かったんですよね・・・ 
作ったので載せちゃいましたけど( ̄ω ̄;)





一応、まとめとして、
何故今回の手術を受ける事に成ったのか?も書きますと・・・

去年7月末に受けた  左目の眼窩減圧術と、
同じく去年10月に受けた  右目の眼窩減圧術で、
バセドウ眼症は、解消されたか? ・・・と思ったのも束の間。
眼球突出は改善されたものの、バセドウ眼症自体が治った訳ではないので
再び、目の奥の筋肉が炎症を起こしたのでした。。

と、言っても眼窩減圧術を受ける前のような、
眼球が押されるような激痛では無かったのですが、
ステロイド剤治療をしても、右目の奥の痛みがあまり改善されなかったのでした。

眼窩減圧術をしたドクターの1人、
優秀でハンサムな副鼻腔のドクターの元で、CTスキャンを取った際
『右目の奥の下部分にある小骨が、筋肉が炎症を起こして腫れた際に当たるのが
痛みの原因ではなかろうか?』


という結果となり・・・ 
ハンサムドクターが、目の奥の手術医と相談し、
その小骨を取る手術をする事に成ったのでした


ちなみに、左目奥の同じ部分にあった小骨は、去年の眼窩減圧術の際、
左目の方がバセドウ眼症の症状が酷かったので、すでに取り除かれてました・・・。


残念ながら、今回の手術は、目の奥の手術医だけで行うものでした。

そして、今回は日帰り手術だったのですが、
麻酔が解けるやいなや、付き添いのルームメイト殿と会社の方に
両脇を支えられながら、徒歩で駐車場に停めてた車まで歩かされてしまいました。
普通は、車椅子で車まで運んでくれるものなんですけどね・・・。

心何処にもあらずで、
目尻から血をビロ~ンと垂らしながら 
なんとか足を動かしてましたが、
病院の待合室を通ったときは、さすがに人々の熱い視線をヒシヒシと感じました



何度も書いてますが、良い保険に入っててもアメリカの医療システムは
こんなもんです。
医療技術は良いとは思うのですけど・・・。









2010/08/27(金) | バセドウ眼症治療&眼窩減圧術 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

Happy Blue Bird

『』

大変な手術でしたね。今は如何ですか?
いい保険でも日帰りですかぁ。。。日本では少なくとも4,5日は入院でしょうねぇ。
入院できる日本がいいか、技術がいいアメリカがいいか。やっぱり技術を選ぶでしょうね。
でも、一日ぐらい入院させて欲しいですよね。
どうぞ、お大事にね。

2010/08/27(金) 09:08:28 | URL | [ 編集]

あと半分。

『なんとも・・ショッキングです・・涙』

写真が痛々しくて・・v-406
4週間目の写真で充血が解けたようなので
少しホッとできましたが・・

Marukoさん・・つらかったですね・・
目ってv-416生活上、最も欠かせない器官ですけど
そこが不自由ってどれだけ大変かと思います。
こんなに痛い思いをした以上は、今度こそ
バセドウの症状が解消されますように!v-409

それから手術後に即日追い出すような病院のやり方!
ちょっとどうかと思って腹が立ちました・・e-262
お国の医療システム上、どうとかよりも
”人として”もっと常識的なケアがあるんじゃないかと・・
Marukoさんが言うように、せめて車椅子で見送って欲しかったです・・
肉体的+精神的なダメージまで重なりますよね・・

このあとMarukoさんの症状が良い方向へと向かいますように。
日本の地から祈っております・・
写真を見て、大変な手術だったと伝わりました。
ブログの方も無理せずに、まずは体を休めて
ゆっくりと療養に専念して下さいね。v-34

2010/08/28(土) 00:52:59 | URL | [ 編集]

Maruko

『Happy Blue Bird さんへ』

アメリカは、医療費が高いからか、
基本的に患者を入院をさせる事はしないんです・・・。
大きな手術でも、1日入院なので、
術後は、家で世話をする家族は忙しくなります。
逆に、日本はすぐに入院させてくれて、入院期間も長いですよね。
う~ん、、どちらが良いのでしょうかね・・・。

まだ目の奥の、鈍い痛みが引かないのですが、
結構、楽になってきた気がします。
でも、まだ目が疲れやすいので、気をつけながら過ごしています。

2010/08/28(土) 00:59:52 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

写真、ショッキングでしたかv-356へんな写真載せちゃってスイマセン(>人<)!!

目は、ほんとに大切な器官ですよね。
目が調子悪くなると、他の部分にも影響が出ますし・・・。

それにしても・・・ 
麻酔が覚めるや否や、すぐ家に帰す日帰り手術は患者に優しくありませんよね。
今回に限らず、数年前に日帰りで卵巣の手術を受けたときも、
人の手術に付き添ったときも、同じだったんですよ。 
アメリカは、こういうシステムなんでしょうね。。
でもせめて、1,2時間位ゆっくりさせてくれれば良いと思うんですけど・・・

あっ、、滞在時間が延びたら、医療費が上がってしまうから急いで帰すんだったりしてe-263

2010/08/28(土) 23:10:04 | URL | [ 編集]

さきち

『流血しながら退院っっ!』

うは~~お疲れさまですっ
保険うんぬんじゃないですよね~
お金さえ払えば入院はOKって事でしょう?
健康や寿命まで格差社会かぁv-12
とはいえ
Marukoさんが順調に回復して良かった♪
もぅ痛みは減ってきた?
また整形疑惑浮上するかなぁv-398

2010/08/29(日) 20:29:39 | URL | [ 編集]

Maruko

『さきちさんへ』


ほんと、こちらは健康や寿命も格差社会です。
医療費が払えなくて、夜逃げする人もちょくちょく居るんですよ・・・。

今回は、入院設備の無い所だったんですけど、
せめて術後はもう少し休ませて貰いたかったですv-356
流血しながら、両脇支えられて歩かされるなんて・・・
試合に負けたボクサーじゃあるまいしね~(。>ω<。)

お陰さまで、痛みのほうは大分減りました。
今回は、小骨を取っただけなので目の形は??
多分変わらずに済んだと思います。

2010/09/01(水) 02:23:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/259-9bd1663b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。