スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デブ猫

目の奥の小骨の手術の後、
ベットから動けなかった私を、毎日看病(?)をしてくれていた たぬき猫






看病(?)で付き添ってくれるのは嬉しかったのですが、
毎日ベッドの半分を占領され、私は足をまともに伸ばせませんでした

 「あ~、、看病って疲れるわ」 どで~ん  足伸ばしてるし・・・      
2010_6_100_1055.jpg



先月、たぬき猫を年に1度の健康診断 へ連れて行きました。
去年我が家の猫ちゃんに成ったので、
今年で、2回目の健康診断です。



いつもの動物病院へ行くと、里親募集中の8匹位の子猫ちゃん達が
ケージの中にいました。

2010_6___________100_1152.jpg




全員兄弟らしいのですが、随分と色や模様が違いますよね。

2010_______100_1145.jpg




片親がグレーで、片親が茶色&黒なのかな?

2010_____________100_1150.jpg



いや、祖父母のどちらかがグレーなのかな?
・・・あれこれ考えながら眺めていたら、病院のスタッフのお姉さんが

「可愛いでしょ。 1、2匹どう?」

なんて言ってきたのでした。



(≧ヘ≦ ))「無理、無理!すでに2匹居るから!」
 即答!


2匹・・・






2匹・・・ なんです。


実は、大分前にデブ猫を外に戻してあげたのです。

家に閉じ込めてから( と言うと人聞きが悪いですが )1ヶ月ちょっと経ち、
ボロニャンとは仲が悪いけども、デブ猫が家に慣れてくれることを願って
毎日様子を見ていたのですが、
結局、デブ猫が可愛そうだと見兼ねたルームメイト殿に

「外に帰してあげたほうが良いと思うよ」

と言われたのがきっかけになりました。

でも、諦めの悪い私は、すぐに決断が下せず、
その後さらに1週間様子を見たのですが、
デブ猫がストレスを感じてるようだったので、外に帰してあげる事に決めました。



かれこれ、細く長く3年近くの付き合いになりますが、
デブ猫 は、根っからの野良猫
で、人と接した経験が無い子なのだと思います。
多分、子猫のときから野良猫
かと・・・。

なので、人とはコミュニケーションが取れない。取る気も無いので、
一緒に生活したり、構われる事は、ストレスに感じてしまうのだと思います。
同じ野良猫でも、1度でも人に飼われたり、人と接した事がある
たぬき猫や、ボロニャンのようには行きませんでした。


私の事は、餌をくれる人で、危害は加えないんだろうな~ 
という認識はあるようなのですが・・・ それだけです(o-´ω`-)


デブ猫は、始めて庭に現われたときは、
本当にまん丸くデブだったのですが
その後、激やせしたり、中肉になったり、
どこかの猫にやられたのか、怪我してやってくる事もあった(今も)ので
とても心配で気にはなるのですが、
愛情の押し売りは無理ですし  ←十分してしまいましたが
デブ猫の性格を尊重すると、
今まで通りの生活に戻してあげるしかありませんでした。


結局のところ、デブ猫には可哀想な事をしてしまいました。
ついでに自分を慰めるために、
デブ猫は、寄生虫 を治しに来たお客さんだった、と思うことにしました。


2010/08/29(日) | たぬき猫の記録&写真 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

あと半分。

『たぬき猫ちゃんが・・笑』

こんなに寛いじゃっていいんでしょーかみたいな・・v-411
なんか相当デカそうですよね~
やっぱりちゃんと看病したから堂々と寛いでるんでしょうか。笑

動物病院の子猫たちが可愛いですね~v-10
ついついもう一匹と誘惑に負けそう・・
Marukoさん、よく我慢しましたね!
(子猫の可愛さは最強ですもんね)

デブ猫ちゃんとのちょっとした別れがあったんですね・・
やっぱり野良って難しいですよね。
最終的には自由が一番なのかな~
でもこれからもMarukoさんの前には現れるだろうし
ある意味、関係は変わりませんからね。v-392
(自由を選んで出て行ったワイルド系野良・・かっこいいかも!)
それがデブ猫の生きる道だったのかな~
ちょっと寂しさは残りますよね・・v-483

2010/08/29(日) 07:36:26 | URL | [ 編集]

さきち

『さらに2匹すすめるかぃ?』

まるでバナナの叩き売りv-407
でも可愛いすぎる~~っ
あ~~~んなに小さかったら
ついつい連れて帰っちゃうよぉ~っ
早く里親見つかるといいねーv-398

そっかぁ、デブさん外に戻したのね
寂しくなっちゃったねv-409
野良が家猫になるのってホント難しいよね。
まだご飯は食べに来てくれてるの?
だとしたら冬にはお泊まりもあるかもねv-344

2010/08/29(日) 20:40:10 | URL | [ 編集]

みぃ子

『』

デブ猫とのそんな別れが起きていたとは、
ビックリです~v-356v-356
デブ猫LOVEv-347 のみぃ子としてはと~っても残念ですが
こればっかりはしょうがないんでしょうね。

そう言えば・・・、
小さい頃みぃ子家でも野良猫を飼ったコトがありましたが
キョセイ手術してなかったせいもあるかもしれないですが
途中で家を出て帰って来なかったコトを思い出しました。
みぃ子は何日も何日も探しましたが、
まわりの大人は「やっぱり野良猫は無理なのよねぇ。」
って言ってました・・・v-283

仔猫ちゃんの中の1匹、三毛猫みたいで可愛いですねv-343v-343

2010/08/29(日) 23:47:15 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

たぬき猫は、デカイですよ~e-251
デブ猫も大きくて、短毛だけどたぬき猫と同じ位あるんです( ̄ω ̄;)
でも、ボロニャンは2匹を軽く上回るサイズなので、
もう普通サイズの猫がどれ位だったか?? よく解らなくなってしまいました。

デブ猫は、2年半以上、『いつか我が家の猫に!』と思って、
ご飯をあげたり、猫扉から勝手に家の中に入ってきても好きにさせていたので、
外に帰してあげるときは、凄く迷いましたし、とても悲しかったです。

そんなに懐いてくれなくても、
警戒心を解いて、家の中でワイルド系で居てくれれば良かったんですけどね、、
日に日に、しょんぼりしてきて、ストレスが溜まってく様子を見ていたら、
もう、無理強いは良くないなと・・・、、ってしっかり無理強いしてしまいましたがv-356 

外に帰してから、この家はヤバイ!と思ったのか
1週間位やって来ませんでしたが、
今は、以前のようにたま~に、やってきています。

2010/08/31(火) 18:27:21 | URL | [ 編集]

Maruko

『さきちさんへ』

子猫、ほんとにラブリーでした~v-238
めったに見れる機会がないので、釘付けになってしまいました。

デブ猫さんは、我が家の猫にしたいと思って
2年半の間、馴らそうと頑張って来たんですけどね・・・。
家の中では、良い子でいてくれていたのですが、
だんだんションボリした感じに成って、ストレスが溜まっているのが解ったので、
外に帰してあげました。
結局、1ヶ月ちょっと居た事になるのですが、
ルームメイト殿の鶴の一声が無かったら、
多分もっと長い、間愛情の押し売りをしてたかもしれません(。>ω<。)

今は以前のように、たま~にやって来ています。
餌をあげても少ししか食べないことが多いので、
ちゃんと自活出来てるようです。

2010/08/31(火) 19:50:33 | URL | [ 編集]

Maruko

『みぃ子さんへ』

そうそう、1匹だけ三毛猫模様だったんです。遺伝子って不思議ですよね~。

デブ猫は、素朴で大人しくて、ほんとに可愛い子なので
かれこれ2年半くらい『我が家の猫に!』を目標にしてきたんですけどね・・・

結局、警戒心が解けず、人間が四六時中近くに居る事にストレスを感じていたようで、
だんだんションボリした感じになってしまったんです。
外へ帰してあげるときは、とても迷ったのですけど、
生き物で意思もあるので、無理強い出来ませんしね・・・ 
やはり、根っからの野良ちゃんは難しいようですね。
たぬき猫や、ボロニャンのようにはいきませんでした(。>ω<。)

でも今でも、以前のようにたま~に庭にやってきます。
不思議と、餌はあまり食べないんですけど・・・

2010/09/01(水) 00:37:14 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/260-fbe28e57
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。