スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仮・デブ猫仮設小屋

いつものようにお庭にやってきて、ご飯を食べてお水を飲み
お気に入りのフリースの上でくつろぎ始めたデブ猫







眠りについたと思ったら、チラホラと雪が降り始めました。

DEBUNEKO_12_24_2010_03.jpg





そして、、熟睡中のデブ猫の背中に、雪が積もり始めたのでした。

DEBUNEKO_12_24_2010_IMG_0457.jpg





1時間くらいしてからでしょうか。。
一応目を覚ましたものの、まだウトウトしていて動く気配なし。

背中の冷たさより、お腹の温かさを選んだのでしょうか?

だんだん、私が家から閉め出したような錯覚に陥ってきました。 

12_24_2010_IMG_0465_20110119125036.jpg






「 マッチはいりませんか~? 」 ← ??
12_24_2010_IMG_0480.jpg




なんだか、途中からデブ猫が、
マッチ売りの少女 に見えてしまって・・・ えっ、見えない?

Den lille Pige med Svovlstikkerne





普段デブ猫に無関心なルームメイト殿なのですが、
さすがに、マッチ売りのデブ猫 を不憫に思ったようで、
数日後に自ら進んで、デブ猫の仮設小屋 を作ったのでした。

といっても、こんな感じの簡単なものなのですが。。↓

1_18_2011_02.jpg





保温と、地面の湿気を吸わないように
フリースの下に、平らの発泡シチロールを敷きました。

1_18_2011_01.jpg





ルームメイト殿いわく、そこそこ未透視が良く、
3方向の逃げ道があるほうが、野生児のデブ猫は安心するのだとか。 

1_18_2011_03.jpg




う~ん、、
寒さしのぎにはなっていないようなぁ・・・

2011/01/19(水) | デブ猫の写真&野良猫 | トラックバック(0) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

あと半分。

『感動です!』

素晴らしい仮設小屋ですね。v-410
確かに今のデブ猫にとっては
ルームメイト殿がおっしゃる通りかも知れませんね。
完全に囲われた小屋に入れてあげたいけど
それで怖がっちゃうとしたら、段階的に進めていく方が
デブ猫的にもいいのかも知れませんね。

最初の写真の、雪を被ってるデブ猫が不憫で・・
その下のマッチ売りの少女の絵と
シンクロしすぎで笑っちゃいましたけど。v-411

仮設小屋で眠るデブ猫の顔が
いかにも幸せそうですね~♪
本当によかった!

・・そういえば昨夜、
Marukoさんのブログの「正宗」を見させてもらいました。
幅広の可愛い顔をしてるんですね。
右目がくりくりで本当にプリティーです。
左目がやられちゃったんですね。
可哀想でなりません。
その後どうなったのか、気になりますね。v-388

2011/01/19(水) 05:14:59 | URL | [ 編集]

『はじめまして。』

こんにちは(*^^*)愛といいます。
私もいまバセドウ病を発症していて、
2月の頭に甲状腺全摘出手術をうけます。

傷跡などもこわいのですが、
太りやすくなるんじゃないかとすごく不安で…
もともと、バセドウ病になって太っちゃったっていう、珍しいタイプなのですが(笑)

手術のあと、なにかそういう変化はありましたか?
よかったらお返事いただけるとうれしいです(*^^*)

2011/01/19(水) 23:49:19 | URL | [ 編集]

かんな

『』

marukoさん☆

素敵な小屋ですね~!!背中が濡れないだけでも寒さ的には変わるのではないでしょうか?!
本当にお優しい2人ですね~(^^)

今年も宜しくお願いします~!その後体調はいかがですか?
私は落ち着きました~☆

2011/01/20(木) 05:01:15 | URL | [ 編集]

こけっこ

『納得!』

ノラとは思えないほど美しい毛並みです~~♪
それにしても、なんとなくわかりました。このようにして、猫にとって快適な環境を少しずつ整えてあげて、そうやって心を通わせていくんですね。
すごいなぁ~

うちの職場に、すごく人懐っこいノラ猫が出入りしていたことがありました。その前には人に飼われていたのかもしれません。はじめから膝の上に乗ってくるし、子ども達にヤンヤと騒がれたりいじられたりしてもゼンゼン動じない、大きなオス猫でした。保護者が作った卒園記念のDVDにもこの子の写真がちゃんと載っていたんですよ。
冬は犬小屋の中に毛布を敷いて、屋根の上に古い布団をかけてあげたら、喜んで入っていました。すっごく賢い子で、出勤するとき、職場の近所をほっつき歩いているこの猫をよく見かけましたが、ちゃんと道路の端っこを歩いていました!!
もう、何年も前のこと。あるときぷっつり来なくなりました。ノラとして一生をまっとうしたんだろうな・・・ちょっとデブ猫ちゃんに似ていて、とても懐かしく思い出しました。

2011/01/21(金) 07:04:10 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

デブ猫は、寝ながらも周囲に神経を配らせてるので、
見通しの良い仮設小屋は、デブ猫的にOKのようで
抵抗無く、その後もと使えて貰えていますe-454

正宗の左目は、初めて会ったときは少しだけ開いていたのですが
その後は、完全に閉じて開かなくなってしまっていました。
正宗が来るたびに、目の様子を気にして見ていたのですが、
そのうちまったく来なくなってしまったんです。
オスだったので、もしかしたらデブ猫との縄張り争いに負けたのかな??
と思ったり、目から黴菌が入って死んでしまったのかも?
なんて、当時はいろいろと考えてしまいました。

デブ猫も、しょっちゅう怪我してやって来ますし、
あと半分さんのところの野良ちゃん達を見ていると、
オス猫はほんとに喧嘩が多いようですね。
武器が爪なので、喧嘩というより戦いなのかもしれませんが・・・。


2011/01/21(金) 14:56:15 | URL | [ 編集]

Maruko

『愛さんへ』

はじめまして。^^
2月に甲状腺全摘出手術を受けられるのですか。もうすぐですね。

私も、バセドウ病に成ってから体重が増えた口です。
おまけに、バセドウ眼症の治療でステロイド剤を飲む事に成ってから
更に体重が増加してしまいました。
なので、ドクターに体重の質問したことがあるのですが、
甲状腺全摘出手術をしても、薬でホルモン値が安定すれば、
低下症の症状は出ないので大丈夫といわれました。
手術後、数週間は低下症の症状の、むくみや、足の冷えが少し出ましたが、
それも暫くしてから治まりました。
体重の増加もしていません。

手術の傷口の画像を、1ヶ月くらい前にここでUPしたのですが
今はもっと色が薄くなりました。
また傷口の経過の画像を近日UPしようと思っています。

手術の傷口は、日焼けすると黒っぽく変色して後々目立つようになってしまうので
外出時にスカーフ等でカバーしています。(看護婦さんに教えて貰いました)

手術を受けてから3ヶ月ほど経ち、まだ薬の量の調整中ですが、
バセドウ病だったときよりも、ずっと調子が良く過ごせているので、
手術を受けて本当に良かったと思っています。
あとは、声の調子がまだ本調子では無い感じなのですが
少しずつ良くなってきています。

愛さんも手術前の不安や、術後は暫く大変かもしれませんが
体調の好転を目指して、頑張ってください☆

2011/01/21(金) 15:33:13 | URL | [ 編集]

『マッチ全部ください^^』

Marukoさんお久しぶりです。
なんだか慌しさに、とうとう年が明けてしまった感じです^^;
術後すでに三ヶ月が経ちましたか。経過が良いようで本当に良かったです。

写真の雪、綺麗だけど寒そう~。
デブ猫ちゃん、やっと家族になったのね^^
あまりにキュートで、いじらしくて、
「マッチ売り」には爆笑しましたが。思わず
「全部ください!(;;)」と言ってしまいそうです。

追伸:私はまだ週に一度眼底注射をしています。
目の下から釣り針のお化けのような針を目の奥(眼底)に週一で入れるので、
目の下に常にクマがあって、いや(;;)
でも、ほんの少~しず眼症は良くなっているの「かも」しれません^^;
気長に付き合っていきます。

Marukoさんも大事にね♪

2011/01/21(金) 21:06:48 | URL | [ 編集]

Maruko

『かんなさんへ』

かんなさん、今年もよろしくお願いします。
お互いに、去年よりも体調良く過ごしたいものですね。^^*

私も、体調&術後の傷口が大分落ち着きました。
眼のほうも問題ありません。
来月、採決と診断があるので、
数値も安定してくれていると良いのですけど・・・。


2011/01/21(金) 22:37:17 | URL | [ 編集]

Maruko

『こけっこさんへ』

デブ猫は、根っからの野良猫なので
3年半の付き合いだというのに、ご飯をあげるときは、
いまだに、シャーッっと威嚇されてしまってます。^^;
それでも、ここ1ヶ月でようやく手の平に乗せた猫のおやつを食べてくれるように成り、
そのどさくさにまぎれて、人差し指1本でですが、額をナデナデ出来るようになりました。
この子は、一生触らせてくれないんじゃないか? と思っていたので感激しました。
・・・とはいえ、家猫になってもらうにはもう少し時間が必要な感じです。。

それにしても、人懐っこくて子供達にいじられても気にしないなんて凄い野良ちゃんですね。
幼稚園の卒園記念DVDに、写真を載せてもらっちゃうなんて。。
きっと子供達の良い思い出になった事と思います。
こけっさんにとっても、思い出の猫ちゃんになりましたね。^^

2011/01/22(土) 22:42:03 | URL | [ 編集]

Maruko

『悠さんへ』

悠さん、お久しぶりです♪

週に1度の眼底注射は、続いていたんですね。
少~しずつでも良い状態へ向かっているのでしたら、
続けてきている甲斐はあると思います。
それにしても・・・
釣り針のお化けのような針に、目の下にクマとは、、大変ですね。
悠さんもお大事になさってくださいね。

デブ猫は、今のところまだ半家族状態とでも言いましょうか・・・
中途半端じゃ、可愛そうですよね。。
今年こそ、正式に我が家の猫ちゃんに成って貰おうと思っています。

P.S. デブ猫に、「マッチが全部売れた」と伝えておきます。笑

2011/01/22(土) 23:29:12 | URL | [ 編集]

みぃ子

『』

わぁ!!とっても温かそうですよ!!!
絶対デブ猫ちゃん喜んでますよv-353v-352
この寝顔!!嬉しそう!!!

本当にMarukoさんは優しいですねv-283v-352
毎度感動しまくりみぃ子ですv-436

2011/01/23(日) 20:34:50 | URL | [ 編集]

Maruko

『みぃ子さんへ』

デブ猫、喜んでますかね!? 
顔をフリースにうずめて寝てる姿が可愛いですよね~。

ほんとは、もう少し風除けと保温をしてあげられると良いのですけどね・・・
なにぶん最高気温も零下なのでe-444

とりあえず仮設小屋なので、
早いうちにもう少しなんとか手を加えようと思ってるんですe-446

2011/01/24(月) 01:24:09 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/296-b94818c9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。