スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

首の椎間板ヘルニア治療・・・


先週の月曜日、右側の首と肩と背中に激痛が走り、救急病棟へ行ってから
はや、10日が経過しました。



え~、もうそんなにたったっけ?
5_19_2011_IMG_1568.jpg



その後、整形外科の方で診察を受け、
レントゲンを撮り、懐かしの(?)ステロイド剤を処方されて、
今週から、首のセラピーを、週に2回3週間、
その整形外科と隣接している、リハビリやセラピーを行ってる施設で
受ける事になりました。

整形外科のセラピーは、
日本では馴染みのないもののような気がするのですが・・・
セラピストという治療専門家が患者につき
エクササイズやリハビリのような治療で、治していきます。
ちなみに、費用は医療保険でカバーされます。(加入保険の種類によりますが)


10年ほど前、首のヘルニアをしたときは、日本の整形外科へ行ったのですが、
そのときは確か、MRIを撮って、首のコルセットと、痛み止めを貰い
何かあればまた来てください、、という感じで
通院することも無く終わった気がします。
そのとき、ヘルニアが治っても慢性肩こりになりますよと言われたとおり
確かに、慢性肩こりに成りました。


話を戻しますと・・・

セラピーは、まだ2度しか行っていないのですが、
初日は、軽いエクササイズと、首を機械で10分ほど引っ張られました。
あと、毎日家で行うエクササイズを指導されて
自宅で首を引っ張る器具を貰いました。(こちらも保険でカバーされます)



Empi という医療メーカーの、首を引っ張る器具なのですが
随分とカッコいいバッグに入ってますよね。。

Cervical Traction Device
100_2164.jpg




5_19_2011_100_2169.jpg





 え~っと、使い方はボクが実演しましょう

5_22_2011_100_2171.jpg




こらこら



ボロニャンには無理なので・・・

この方にやっていただきました。








  !? 
 



首と頭を固定し、手元のエアポンプで空気を送ると、
首が引っ張られて、手元で圧を確認&調節します。



セラピーのときも、これと同じような感じのハイテク機材で首を引っ張られます。

結局のところ、首のヘルニア治療は首を引っ張るしか無いんです・・・
あとは、ヘルニアに成った事で周辺の筋肉が凄く凝るので、
エクササイズで周辺の筋肉をほぐすのみ! 


整形外科のドクター曰く、2週間セラピーを続けると大体の人は良くなるそうです。
もし、それでよくならない場合は、МRIを撮りましょう、との事でした。


先週、始めて整形外科に行ったときに
最初に出てきたドクターが私の診察を終えたら

「僕は肩専門の医者で、首は専門外だから僕の分野じゃないようだ。首専門の医者を呼んでくるね」
と、去って行ったのでした・・・

アメリカの医者は物凄~く専門分野が細かく分かれているので
患者からすると面倒だったりします。
この日、たまたま同じ病院内に首専門のドクターが居て
そのドクターの時間が空いていたから、見て貰う事が出来ましたが、
下手すると、予約を取って後日出直さなければならなかったり、
他の病院を紹介されるなんて事も、ザラです。

まぁ・・・考え方次第では、オールマイティーな医者よりも
専門分野を極めてる人達なので、安心?とも思えなくもありませんが・・・。

2011/05/20(金) | 首のヘルニア | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

あと半分。

『カッコいい器具ですね。(^^)』

器具の実演をしてくれた縫ぐるみが可愛くて癒されました。v-411
コンパクトで洒落た器具ですね。
ボロニャンが興味津々という感じ。

やはりヘルニアの治療は「伸ばし」なんですね。
僕も腰のとき、ベッドに横たわって足を引っ張られたのを思い出しました。

あと「肩の専門医」ってのも凄いですね。
ある意味、頼り甲斐がありそう。
でも医者から医者へと、たらい回しにされるのは
どこも同じようですね・・
僕も腰のとき、優しそうな女医さんに見てもらえて
(いい先生そうで良かった~)と思った矢先に
「あたし、明日から転勤なの。次の先生宛に
容態の説明を書いて残しておきますね」って言われて。
(おいおい、初対面でさよならかい!)みたいな。v-408
なんとなくMarukoさんの状況がわかる気がしました。

2011/05/23(月) 08:21:56 | URL | [ 編集]

Maruko

『あと半分。さんへ』

腰のヘルニアも「伸ばし」なんですね。
整形外科のセラピーへ行くと、ベッドに横たわって首を引っ張られるのですが、
先日その機材をよく見たら、足も引っ張れる作りに成っていたので
腰のヘルニアでは足を引っ張るのかな??と思っていたんです。

せっかく貰ったカッコいい器具ですが
自宅で首をのばしていると、ボロニャンとたぬき猫が近づいてきて
体をスリスリして来るので、落ち着いて使えません・・・e-251e-251

医者と患者にも相性がありますよね。
具合が悪い時に行く場所なので、
優しくて親身に成ってくれる先生が良いですよね。
ドクターが数人居るようなところだったら
指名出来たり、チェンジ出来たり、患者が選べるようにすると
医者の怠慢も無くなると思うんですけど・・・e-454

2011/05/24(火) 12:48:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/332-5a57c143
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。