バセドウ視が復活してしまいました

2週間ほど前から左目の調子が悪く成ってきて、
バセドウ視独特の目の奥の熱と、瞼の腫れが始まってしまいました。
1点を見ようとすると、左目の奥が強張りピントが合わせづらい感じがし
左瞼の奥がズキズキします。

去年の10月、甲状腺全摘出を受けてからたまに甲状腺ホルモンの薬の量が合っていない事が原因で
目に違和感を感じることは合ったのですが、今回のような酷い状態は術後始めてです。



体調もすぐれない為(ここ数年体調の良い事等ありませんが・・)
先週、急遽ファミリードクターの診察を受けてきました。


先月、内分泌科に行ったときに甲状腺ホルモン値が上がっていると言われて、
薬の量を137mcg から125mcg に変えられたのですが、その3週間後位から目の症状が出てきました。
そんなわけで、ファミリードクターは、甲状腺ホルモンの薬の量が合っていないのでは?と言って、
血液検査と、応急処置的に(?)薬の量を137mcgに戻してみる事になりました。
今、血液検査の結果を待っています。


甲状腺ホルモンの薬は、効き目が出るのに3週間位掛かるので、まだ目のコンディション、左瞼の腫れ
体調も方は変化なしです。

明後日、目の奥の手術医(眼科減圧術をしたドクター)の予約を取ったので
目の奥の熱&瞼の腫れをひかせる薬を出して貰える事に成ると思います。
・・でも、根本的な問題は甲状腺ホルモンの薬の量が合っていない事だと思うので
はやくファミリードクターから血液検査の結果と、薬の量の指示の知らせが来ると良いのですけど・・

まぁ、せめてもの救いは眼科減圧術を受けているので(一昨年と去年)眼球突出が起こらない事でしょうか・・・。


ひとまず、今のところは万能薬のAdvil↓を飲んで痛みと熱を紛らわしています。

advil_pill.jpg


Advilは日本でいうところのバファリンです。
頭痛、生理痛、熱、痛みなどを抑える、スーパーで売ってる薬です。



2011/12/11(日) | バセドウ眼症治療&眼窩減圧術 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/377-f0f75791
 |  HOME  |