スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ステロイド剤10日目・・・効き目なし


ステロイド剤20㎎を飲み始めてから、早10日が経過しましたが・・・
症状は何も変わらず、少しも楽に成らず、未だ瞼の腫れと目の奥の熱や強張りが続いてます。

その一方、微妙に副作用が出てきました。 (ふらつきと胃の痛みが少々)

たかだか20mgの量だというのに・・トホホ


一応、1週間経っても変化が無かったので
ステロイド剤を処方してくれたドクター(目の奥の手術医)の元へ電話をし、
「ステロイドが効かないのだけど、このまま20mgを飲み続けていて良いのか?」
と聞いてみたところ、2日後にドクターから返事が来て、
「甲状腺ホルモン以外の原因を考えると、副鼻腔が原因かもしれないので、
副鼻腔のドクターに一度見て貰ったほうが良いのでは」

と言うことでした。

(ドクターが電話に出て患者の話を聞いたり答えたりするような事は何処の病院でもしないので
受付の人が、ドクターと患者の橋渡しをしてくれます。)

副鼻腔のドクターというのは、私の眼窩減圧術を、目の奥の手術医と一緒にしてくれたドクターで、
眼窩減圧術は鼻の穴からも施術するので、副鼻腔のドクターと一緒じゃないと出来ない手術でした。
アメリカは専門医が日本よりも細かく分かれているので、日本では1人のドクターがするのかも(??)


甲状腺ホルモンの薬の量を125mcg→112mcgに変更をして、今日でちょうど1週間経ったのですが、
何分、甲状腺ホルモン剤は即効性が無く効き目が遅いので、もう暫く薬が効くのを待ってみる事にしました。
自分的にはこのバセドウ視独特の目の腫れと、目の奥の痛みに副鼻腔は関係ないと思うんですけど。。
あと2週間位様子を見て変化が無いようであれば、副鼻腔のドクターの所へ行ってみようかなぁ・・と。


実は、副鼻腔のドクターはかなりハンサムなので、本当はお会いしたいのですが・・・
ジャンルがジャンルなだけに、ハンサムな顔を近づけられて
鼻の穴から小型カメラを突っ込まれたりするのが嫌なんですよ 

恥ずかしいったらありゃしないじゃないですか! ←バカ?

副鼻腔じゃなくて、内分泌科医とかだったらよかったのに・・・。 ぶつぶつ


え~っと、、

今回の薬(TIROSINT)は、1週間分が1シートに成っていて曜日も書いてあるので飲み忘れがなさそうです。
Tirosint 112mcg SANY0240


2011/12/23(金) | 甲状腺全摘出手術後の治療&通院&バセドウ眼症の治療 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/379-5b98a022
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。