スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バセドウ視治療で副鼻腔のドクターのところへ

少しブログに載せるのが遅くなってしまったのですが・・・

前回、目の奥のドクター(眼科減圧術をした手術医の1人)の診察を受けたときに
瞼の腫れ、目の奥の熱や痛みの原因が、
甲状腺ホルモンの不安定以外の原因だとして考えられるのは、副鼻腔から来ている症状なので、
何ともないとは思うけど念のため、副鼻腔のドクター(眼科減圧術をしたもう1人の手術医)
の診察を受けるようにと言われて、副鼻腔のドクターの所へ行ってきました。 

って、かれこれ先々週の話ですが・・・

まぁ、案の定ハンサムドクターに、鼻カメラを突っ込まれて微妙な気分に成ったのですが・・・ 
結果はノーマルで、副鼻腔が原因ではないとの事でした。

せっかく来たし、ハンサムドクターともう少しお話がしたかったので ←??
ステロイド剤を飲み始めてから舌が白っぽくなったのが気に成る、と言ってみたところ、
抗生物質の療法によって、口腔内常在菌のバランスが崩れてそうなってしまうのだそうです。


私は、ステロイド剤で胃の調子が悪く成って舌が白くなってきたのかな???
なんて思っていたのですが、違ったようです。 ホッ


そして、白くなるのを抑えるマウスウォッシュ・・というのかな(?)
口の中でクチュクチュした後に、飲み込む液体を処方してくれました。

1日4回、7日間分を処方されたのですが・・・・
使い始めて3日目位から明らかに胃の調子が悪く成ったので、仕様を辞めました。



NYSTATIN ORAL SUSPENSION   味は、子供用の風邪薬シロップの様な感じです。
1_15_2012_IMG_31245.jpg



ステロイド剤(Prednisone・プレドニゾン)40mgを飲み始めてから
明日で2週間目に成るのですが、その前に20mgを3週間飲んでいた
ときと目のコンディションが変わっていないような気がぁ・・・


う~ん、、目の奥の熱は少し引いたような気も・・・ 微妙。

なんせ瞼の腫れ(特に左側)が全然引かないので、効いてる感じがしないんです。


でも顔の浮腫みや、お腹の張り等、見た目で解る副作用はあきらかに出てきました。

トホホッ・・・


明日は、ステロイド剤40mgを飲んで2週間に成るので
目の奥の手術医の診察を受けに行ってきます。

そして、明後日は内分泌科の採決の予約を急遽入れました。

やはり、一番の原因は甲状腺ホルモン値が平常値を保てない事なのでね・・・

2012/01/17(火) | 甲状腺全摘出手術後の治療&通院&バセドウ眼症の治療 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

こけっこ

『パルスってどうなのかしら、とか』

こんばんは。ずっと前にコメントした甲状腺眼症のこけっこです。
Marukoさんの症状を読んで、う”~~~~ん・・・と、うなっております。ワタシがうなっても仕方がないんですけど。

Marukoさんは、ステロイドパルスはなさったんでしたっけ??
パルスをするという選択はないのかなぁ・・・とか。パルスは何度でもできるそうです。

私は減圧はせず、パルスだけをしました。本当はパルスのあと、減圧もしたかったんですが、手術の順番待ちが数年先!?とかで、アホらしくなって、もう突出しままでいいや、と思っちゃって、そのままになってます。目が出っ張っててキモチワルとか思う人は、私に近づかんでよろしい。という気持ち^^;

パルスで恐ろしい副作用に苦しみましたし、突出も24mmのままですけど、眼窩の炎症だけは本当に治まりましたっけ。今も突出してるけど、炎症はないから、痛みもまぶしさもなんにもないです。
パルスは、ソッコーで代謝されるソルメドロールというステロイドを一日1000mg3日間、それを2回で、全部で6000mgでした。その後プレドニゾロンも飲みましたが、これは治療的な意味もあるけど、パルスで大量のステロイドを投与したので、いきなりステロイドを切ると体に影響があるそうで、それを防ぐ意味で飲まされてたみたいです。

もちろん、Marukoさんは主治医の先生と相談して、両者の納得・合意の上で今の治療をなさっているんだと思います。が、なかなか炎症が治まらないご様子に、つい自分の治療経験を語ってしまいました。シツレイしました。

2012/01/17(火) 07:13:30 | URL | [ 編集]

Maruko

『こけっこさんへ』

こけっこさん、お久しぶりです!書き込み、ありがとうございます。

眼窩減圧術を受けるのに数年待ちなんですか!?
確か、関東で手術が受けられる病院は1件しかないと聞いた事があるような・・・

数年待ちだと、突出しても複視や眼圧の上昇等、目に不都合が無ければ
急いで受けなくても良いか、って私も思うかも。。

ステロイドパルスですが、今までやった事が無いんですよ。
ドクターからステロイドパルスと言う言葉が今まで出なかったような気がします。
でもネットでチェックしたら、アメリカでもバセドウ視の治療で使われてるようです。
なので、私の症状はステロイドパルスを使うほど酷くないという事なのかしら???

ひとまず今回は、ステロイド20mgを3週間飲んだ時点で目の奥の激痛や
ピントの合わせ難さが改善されたので、なんとなく少し楽に成りました。

私が眼科減圧術を受けてて、眼球突出の心配が無いという事が前提で
ドクターは、甲状腺ホルモン値が安定値に成れば(今は亢進気味)
私の目の症状が改善されると考えているので、
炎症や瞼の腫れが起きても、本当はステロイド剤をあまり飲ませたくないようなのです。 

私も、眼科減圧術を受ける前の自分の目の症状を思い出すと、
ホルモン値が不安定な時に症状が酷かったので、
ホルモン値の安定させないと、腫れが引かないのかな?と思っているんです。

それにしても、眼科減圧術を受けて甲状腺を全摘出しても
なんか、バセドウのときの症状を引きずっているので
今のところ、隊長も目も気分も微妙な感じです^^;

2012/01/19(木) 02:44:59 | URL | [ 編集]

こけっこ

『私が知ってることを言いますと』

>確か、関東で手術が受けられる病院は1件しかないと聞いた事があるような・・・

以前はそうだったかもです。きっと東京のオリンピア眼科。
今は少し増えてきて、またオリンピア眼科の方針とは違った新しく安全な手術方法なんかも出てきてます。そういう意味で、私はオリンピアをあえて避けて、群馬大学附属病院の眼科に行きました。ここでパルスの治療方針を立ててもらい、それを持って、私が住んでいる山形県の山形大学附属病院に行き、パルスはそこで受けました。
その後減圧手術するなら群大病院で、となったわけですが・・・

>眼窩減圧術を受けるのに数年待ちなんですか!?

私は幼稚園に勤めているので、手術するなら夏休みしかないんです。他の患者さんも、子どもなんかが多くて、子どもはやはり授業のない夏休みに手術を希望するわけですね。教育関係の仕事をしている人は全員、夏休み希望。多くの人が夏休みを希望する、そうすると、何年も待つことになる、というわけです。
夏休みを避ければ、こんなに待たなくてもいいのかもです。


>私の症状はステロイドパルスを使うほど酷くないという事なのかしら???

どうなんでしょうねぇ?
わかりませんが、とりあえず私が知っている限り、甲状腺眼症の治療で、プレドニゾロンを何ミリかずつ錠剤で飲むという治療を、聞いたことがないかもです。日本と米国の違いなんでしょうかしら・・・。日本では、パルスでどばっ!と炎症を治めるという方法が一般的だと思います。
で、本当にパルスをして1日目で目の様子が全然違いました。痛くない、まぶしくない、ぱっちり開きすぎた瞼が少し下がった、目が普通に動く、ってなもんで。突出は治りませんでしたけど、別にいいんです。本当に突出を治したいなら、待って減圧すればいいんだし。

>ピントの合わせ難さが改善されたので、なんとなく少し楽に成りました。

んじゃ、まずはよかったですね。
副作用はじんわりと出てくるでしょうけれど、仕方がないですよね。

>炎症や瞼の腫れが起きても、本当はステロイド剤をあまり飲ませたくないようなのです。 

なるほど、そうなら、パルスなんてとんでもない!みたいなことになりますでしょうか。

>ホルモン値の安定させないと、腫れが引かないのかな?と思っているんです。

はい。それはきっと、そうだろうと思います。

>それにしても、眼科減圧術を受けて甲状腺を全摘出しても
>なんか、バセドウのときの症状を引きずっているので

本当にねぇ。全摘なのに、一体どこから甲状腺ホルモンが出るの?とか、私も思いました。
落ち着いてくれるといいのですが。

私も今日、内分泌科の医者に行ってきました。バセドウの治療は、何か努力するとかは関係ないといいますか、治まっておくれ~と甲状腺に頼む?といいますか(日本は薬物治療が第一の選択肢ですし)、そんな感じの病気で、ドクターも、患者に何を言ってもしゃぁない、検査結果がこうなら、薬はこうしましょ~、といったところで話が進みます。
内分泌科なので、糖尿病の患者さんも多い医院なのですが、糖尿病の患者さんに対するドクターの態度は違いますね。節制、コントロールが大切な病気だから、励ましたり、しかったり、褒めたり。ちょっと態度が硬いといいますか、厳しいといいますか。

とにかく、健康ってありがたいですよね。病気になってよくわかりました。

2012/01/20(金) 03:51:24 | URL | [ 編集]

Maruko

『こけっこさんへ』

こけっこさん、コメントどうもありがとうございます。

そうそう、東京のオリンピアの事を言いました。
数年前に日本だとどういう治療をするのだろう、と思ってネットで検索していたら
ここくらいしか病院がヒットしなかったので・・・

確かにバセドウ病の治療は、努力でどうこう出来るものじゃありませんね。
病気に成ってから、食べ物を改善した方が良いとか
目の奥の炎症にはどのサプリメントが良いとか、
色々と周りの人たちが言って来てくれて、それなりに色々と試した事もあったのですが、
試したものも全然効果は無く・・ あと元々、不摂生な食生活では無かったので
結局、薬でホルモン調節して平常値に保てるようにしないと無理なんだなぁ~と気が付きました。

ちなみに私の姉もバセドウ病で、眼球突出は少しで治まり(本人は突出の自覚が無いのですが)
母は橋本病で、甲状腺家族(?)なんです。

健康っていうのは普通の事ではないんだ~、って私も病気に成ってからよく分かりました。
体も目も楽に、毎日過ごせるよぅに成りたいものです。。

2012/01/25(水) 23:58:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/388-c21fcc59
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。