たぬき猫が手術しました

先日、たぬき猫が尻尾の手術を受け、
直径5㎜位の盛り上がった悪性の腫瘍を取り除きました。


朝7時半に動物病院へ連れて行き、午後5時半頃に引き取りに行ったら
ゴージャスな? エリザベスカーラーがくっついてました。。


わたしって何付けても似合うのよね・・・
3_07_2012_000.jpg

るるる~♪
3_07_2012_01.jpg

3_07_2012_02.jpg


あれっ? 食べれそうで食べれないわ
3_07_2012_03.jpg


あ~ん 階段が上れない
3_07_2012_04.jpg


エリザベスカーラーが邪魔で飲み食いが出来ず、
階段の段差やソファーの足等にぶつかってうまく歩けないたぬき猫・・・

見ていたら、傷口の位置が毛づくろいの届く場所では無く、
エリザベスカーラーは必要ない様子だったので外してあげました。



今回の手術費、$1,003,58 (10万円位)也!
soft tissue surgery 2012


内訳をみると、Soft tissue surgery(軟部組織の手術)$300,00
Biopsy(組織の検査)$150,00 が高かったようです。
エリザベスカーラーが、$13,00てのも高いけど・・・ ボソッ

当分の間、お金をセーブしなくては・・・。


たぬき猫の傷口は順調に回復している様子なので、あとは再発などしない事を祈るのみです。

2012/03/14(水) | たぬき猫の記録&写真 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

TAMAGO

『』

たぬき猫嬢、手術がうまくいってよかったですね!
しっぽの傷あとは痛々しいけれど、
じきに元気になると思います。
もう元気?

しかし、
エリザベスカーラー?ほんとに邪魔そうですねぇ。

くれぐれもお大事に。

TAMAGO

2012/03/15(木) 08:40:05 | URL | [ 編集]

Maruko

『TAMAGOさんへ』

手術後は、数日ぐったりしているんだろうな~?と思っていたのですが
術後当日からまったくいつもと変わらず、
しっぽの傷口を気にする様子もなく・・・
そんな感じなので、本人はエリザベスカーラーを付けられたり
薬を飲まされたり、お外に出して貰えない事の方に不信感を持ってました。苦笑

縫い口が大分落ち着いてきたので、あとは尻尾の毛が伸びれば完了(?)です。

2012/03/18(日) 14:28:34 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/393-e7a04c35
 |  HOME  |