スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「目の奥の眼科」&「視神経の眼科」


昨日は 『目の奥の眼科』 に行って来ました。

先月の29日に、眼球突出が(さらに)1mm増えてると言われたけど、

ステロイドのお陰で、その1mmは戻りました。

そしてステロイド剤を、40mgに減らすようにと言われました。

副作用もすぐに、減ってくれると良いなぁ~・・・。


そして今日は『視神経専門の眼科』に行ってきました。

検査は、前に眼科でやったのと同じような事をし、

言われた内容も、「眼科」と「目の奥の眼科」と同じ内容でした。

そんな訳で・・・

先生いわく、
「何で、ここに来るように眼科の先生が言ったのか、解らないな」
との事でした。。。

それは、、私だって解らないです

しかし・・・

今日しみじみと思ったことは、アメリカの病院の先生は、

問診時間が長い!

症状の事を、事細かく、色々な方向から質問をしてくるので、

問診だけで、10分以上は余裕で過ぎてしまいます。

受付で渡される(もしくは郵送されて来る)問診表も

質問が細かいうえに、親兄弟、祖父祖母の病歴なんてのを書く欄もある時があります。

日本も、あったっけ??

ちなみに診察時間も長くて総合的に、親身で、丁寧で、親切。

アメリカでは、問診がとても重要視されてて

問診だけで、新たな病気が発覚する事もあるんだそうです。


日本の病院では、問診なんてほとんどされないですよねぇ・・・

先生は時間と患者に追われてて、流れ作業で患者を診て、

質問すると迷惑そうな態度したり、偉そうで無愛想な先生が、ざらに居るし。。


日本もアメリカのような診察をしてくれるといいのになぁと、

最近病院に行くたびに、思うのでした。。


2007/09/13(木) | バセドウ病治療&通院 | トラックバック(1) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

みにうさぎ

『こんばんは♪』

私も神経眼科へ通いはじめました
来週2度目の診察です

確かに日本の大学病院は流れ作業で問診が少ないのが目立ちますね
私は運がいい事に内科も神経眼科もそういう意味ではいい先生です
今日の内科の診察は45分だったから他の患者さんに悪かったな~と。。v-13

2007/09/14(金) 08:08:42 | URL | [ 編集]

名無し

『みにうささん、こんばんは~♪』


みにうささんも、先月から視神経科に通い始めたんですね。

嫌な検査でも、先生が良い方だと
少し気分が救われる気がします。。。v-398

2007/09/15(土) 21:30:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/42-5718e538

眼科眼科(がんか)診療科の名称の一つ。「眼科(Department of Ophthalmology)」医学における分野の一つ。「眼科学(Ophthalmology)」。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Artic

2007/09/29(土) 16:39:51 | (目)のすべて

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。