スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボロニャンの健康診断

ボロニャンを1年検診に連れて行きました。






ボロニャンは、保護したときにはすでにFIV(猫エイズ)キャリア持ちでした。

過去の記事 猫エイズの卵


発症はしていないので、健康な猫ちゃんと変わらない生活を送れてるのですが
自己免疫が低下しているので、健康な猫ちゃんが自己治癒出来る怪我や風邪等が
治らない事があるそうです。


日本で採血をするのは始めてのボロニャン
FIVキャリア持ちなので、採血の項目を増やしてチェックして貰いました。




採血の結果がこれなのですが、綺麗に撮れたのにUPするとピンボケに成ってしまうんです。
でも拡大するとピンボケが解消されて読めるんですよ。 なぜかしら?






ちょこちょこと、基準値をオーバーしているものもあるけど
先生曰く、気にする程の箇所は無いそうです。



今回体重は7.8k

1年前は8.6k で、おデブ認定されたんですよ(・_・;

それから、病院で貰ったサンプルのヒルズのメタボリックスに変えたら800g 減らすことができました。


人間の800gは対したこと無いけど、
猫の1kgは人間の10kg~15kg程らしいので、凄いんじゃないかしら~(・・?))


先生からは、7k前半がベストと言われてるので、
あと400g位減量すればハンサム度が増すこと間違いなしでしょう。 …?




↑ハンサム?




ポチっとひと押し(*m_ _)m{{宜しくお願いします
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村

2014/07/15(火) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(-) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

Maruko

『ゆみこさんへ 』

家猫はフードで減量するしかないので
なかなか難しいですね(・_・;
量を我慢させるのは可哀想だし…

人間の減量は誘惑が一杯あって、これまた難しいですよね。。
私も体重を何とかしないと、、と思いつつ
月日が流れてしまってますかお(。-_-。)

2014/07/19(土) 06:40:25 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。