スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たぬき猫の健康診断

たぬき猫を半年振りに健康診断に連れて行きました。


元々ケージは嫌いだけど、久々のケージだから当緊張状態になったようで、
くちを開けて舌を出してました


ゴメンね~ 
7___IMG_6494.jpg


半年ほど前、たぬき猫
首から上だけガクガクと震えるように10分位動かしていたので、病院へ連れて行ったところ
レントゲンの結果、首や神経などの異常はみつから無かったのですが、
心臓に異常が見つかって、超音波、心電図等を撮って検査したら
心筋症(肥大型心筋症っていうのかな?)の一歩手前に成ってる事が判明したのです。


それから朝晩、2種類の薬を飲んでます。

●ヘルベッサー30 1/4錠 (1日2回)
●ネオフィリン    1/4錠 (1日2回)



ちなみに、首のガクガクは一応ステロイドを打って貰ったのですが
心筋症とは関係なく、原因不明のままで、その後同じ症状も出てません。

もしかしたら、たぬき猫が私に病気を知らせる為にやったのかな???
わざわざ私の真ん前に来て、じ~~っと顔を見つめながらやってたので
なんとなくそう思ってしまいます。



薬をあげるように成ってから、急に活発に動くように成ったのでビックリしました!
全く病気らしき症状は見受けられなかったけど、
やはり、心臓に負担が掛かってたので、あまり遊んだりしなかったのかも。。

・・・・・ま、基本的にはボロニャン共々地べた専門なんですけど。



採血の結果 (拡大すると読めます)
7__IMG_6489.jpg

7_IMG_6490.jpg


今回も、レントゲンと超音波を撮りました。
結果は、薬で抑えられてるので進行は遅く成ってるそうです。 

でも、すこ~~~しづつ進んで行ってるんだ・・・と思うと悲しく成ります


先生によると、メインクーン等の大型猫は遺伝的に心筋症に成り易いそうです。

たぬき猫は、10才を過ぎてると思われる高齢猫ちゃんです。

今回の採血で、甲状腺の検査(TT4)を勧められてチェックして貰ったところ
こちらは異常はありませんでした。

私の病気の遺伝はしてなかったみたいで、ホッ ←??



問題なのは体重で
1年ほど前に7.6キロだったのが8キロになり

ヒルズの減量用のメタボリックスに変えたんですけど・・・・

fc2blog_20130925215835daf.jpg


今回、7.9キロだったんたんです

ボロニャンの減量にメタボリックスは役だったけど、高齢のたぬきちゃんには効果が無かったみたい。。


で、今回先生からヒルズのR/Dを勧められました。

サンプル
IMG_6495.jpg


先生によると、メタボリックスはエネルギーを燃焼させてダイエットさせるタイプで
R/Dは、カロリー自体が少なめに成ってる減量食だそうな。

IMG_6496.jpg


食事の量を減らして空腹を我慢させたりしたくないので
こういうフードの方が助かります。  効き目があればだけど・・・・


でも、若いボロニャンには引き続きメタボリックスを食べて貰いたいので
別々に分けて置いてるつもりなんですが、お互いに両方のフードを適当に食べてしまってます

なかなか難しいですわ

2014/07/24(木) | たぬき猫の記録&写真 | トラックバック(-) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

みにうさぎ

『ご無沙汰してます』

かなりご無沙汰しちゃいました
その後甲状腺の方は如何ですかv-361

みにうさぎ入退院の繰り返しばかりでPCまともに出来ないですv-406
良かったらまた近況とかお知らせください

にゃんこちゃん長生きして欲しいですねぇv-353

2014/08/13(水) 04:34:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。