「病気に負けない!」

今日は、内分泌科の先生から電話がありました。

先週金曜の血液検査の結果、
甲状腺の機能が亢進してる(機能亢進症に成ってる)事が解ったので
今飲んでる、低下症の人用の薬を飲むのを辞めてください。 

と言われました。

暫く、甲状腺の薬は何も飲まず、体調の様子を見て下さいとの事。。。
不安だなぁ
薬無しで正常値に成るか、機能亢進症に成ってしまうかどうかの
様子見と言う事らしい。

ここ1ヶ月、なんだか亢進症の症状
(手が震える。汗っかきになる。気分が落ち着かない。etc)があるなぁ・・・
とは薄々思ってたけど、
ステロイド剤を飲んでるから、体調と目の調子が悪いんだと思ってた。
機能が亢進してる事も原因だったんだなぁ~


下記は病気のまとめ。。。



今までの甲状腺障害の経過


2005年 

10月   ・左まぶたが腫れて、やたら涙が出るように成る。


2006年

 1月   ・母に、”左目が出てる”と指摘されたけども
       そんな事があるわけないと思い、無視。

 2月   ・眼球が動かせない位、目に激痛が走る。
       救急病院に行ったら、”目に異常は無い”と言われた。
       処方された目薬で、痛みが治まったので
       その後は、病院に行かず・・・。

10月   ・10ヶ月ぶりに母に会ったとき、
       ”目が出て、顔つきがおかしいので病院に行きなさい” と言われ、しぶしぶ病院へ・・・
       甲状腺機能亢進症のバセドウ病が発覚
       病気の症状で、眼球突出が起きてしまい、
       目がえぐり出されるような強烈な痛みに苦しんだ。
       眼球が出た分、物の見え方がおかしくなった。


2007年

 4月   ・突然、機能低下症(橋本病)に成る。

10月   ・血液検査の結果、機能が亢進してると言われる。


@ 病気発覚後は、ホルモン値が安定せず、
  しょっちゅう体調不良と、眼障害に悩む(現在に至る)
  なので、しょっちゅう薬の量や種類が変わった。



2007/10/02(火) | バセドウ病治療&通院 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

さきち

『負けるわけがない!』

様子をみるって、そりゃ不安になるよね。。。
良い結果がでますように(^_-)☆

私事で申し訳ないのですが、
10年前くらいから、アレルゲンが不明な湿疹を発症し、ひどいときは内臓に湿疹がでて、嘔吐するなどあってステロイドを週3くらい打ってました。合う薬探しが長かったです。今はNASAの乗組員が常用OKという薬にたどりつきました。
いつかきっと、良い方向に道ができるはずです。
元気をだして、小さい仲間にご飯ご馳走してください(*^.^*)

2007/10/02(火) 11:12:35 | URL | [ 編集]

Maruko

『ありがとうございます(´ω`。)グスン』

さきちさんも、大変な時期があったのですね・・・。

心は動物達v-285に毎日癒してもらっているので、
体のほうは、毎日健康管理をしっかりして、
良い方向に進む事を信じて、毎日過ごすようにしています。
弱音も吐くけれど、くじけず(・д´・+)ゞ頑張リマッス!



2007/10/03(水) 00:41:33 | URL | [ 編集]

ちぃ

『負けないで!』

実は、私もとある持病を抱えてから2年経ちます。
2年前の今日、Marukoさんと同じく母におかしいからと言われ
しぶしぶ病院へ行き即入院でした。
後から思い返してみると数年前から変なことが続いたり、症状も出ていた様です。
しかも途中で通ったお医者さんにも気付いてもらえなかった。。

私もステロイド剤の投与で、確か点滴で高い数値から徐々に下げて行きました。
飲み薬に変えることが出来てやっと退院!
長かった~!!
掃除のおばさんに
『最初に会った時にこの世の不幸を全て背負った顔をしていたから良かった』
と言ってもらえて(笑)嬉しかったりしました。
もう二度と味わいたくないこともあるけれど、あの苦しい時間を思い起こすと
頑張れることがたくさんあります。
大切なものに気付くチャンスにもなりました。
私もやっとここまで語れるようになりましたが
まだ生きているうちは持病と戦って?いかなくてはなりません。
時々弱音を吐きながらも絶対負けませんよd(´∀`*)!!
なのでMarukoさんにも負けないで欲しいです!!
長々と失礼しました。

2007/10/04(木) 06:45:17 | URL | [ 編集]

Maruko

『ちぃさんへ』

ちぃさんも、大変な時期があったんですね・・・
母親って、子供の変化には敏感ですね。

去年の10月、日本に帰国した際に
母が 『顔つきがおかしい!病院に行きなさい』としつこく言ってくれなかったら、
今頃どうなっていたやら・・・。考えるとゾッとします。
痛みに苦しんだ時期は、マイナス思考に成ったり、やけになったりしましたが、
今は、前向きに病気に取り組んでいる・・・
と言うか、生活できてる気がします。

励ましのお言葉、ありがとうございました。ガンバリマスo(・`ω´・)o

2007/10/05(金) 22:30:04 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/49-b72d8ae8
 |  HOME  |