スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大杉君枝

甲状腺機能亢進症からくる、眼球障害

ここ10日くらいでさらに悪化してきて、車の運転も危うい感じになったので

今日、ファミリードクター(内科)と眼科の予約をしました。

ラッキーなことに、両方明日予約が取れました

最近、前以上に甲状腺の病状が悪化してる気がして、

唾を飲むのも違和感が出てきて、倦怠感、微熱・・・と、どうにも調子が悪いです
倦怠感は、卵巣嚢腫の影響もあるしてるんだろうけど。

甲状腺ホルモンも、女性ホルモンも

ガタガタで、心身ともに苦痛の多いい今日この頃。



さっきネットのニュースで、

今年、自殺した大杉君枝アナウンサーの記事を読んだんです。

彼女は、線維筋痛症という難病を苦に

自殺したと言われてたけど、

病気だけを苦に自殺は、しないと思うんですよね・・・.

体調が悪いうえに、生まれたばかりの子供の世話しないと成らない状態は、

とても大変な事だったとは思うけど、

1番身近な存在の、旦那さんが病気を理解して

ちゃんとサポートしてあげてれば、自殺までは至らなかったんじゃないように思ってしまいます。

自殺後、彼女の主治医だか、通院先の病院の方だかが、

『肉体や精神に支障を与える病気に成っても、

仕事仲間や友達から、“怠け病”のレッテルを貼られ、

精神的にも追いつめられる患者が多い』
 と指摘をしていました。


家族にも当てはまりますよね。

病気は、周りに打ち明けてもどれだけの人が真摯に受け止めてくれるものやら・・・。???


自分も病気になった事で、自分の周りの人の人柄を

再確認するような出来事が色々とありました。 良くも悪くも・・・。


「体調はどう?」と、人から聞かれて

『こういう病気で、こういう症状があるので、こう具合が悪いんだ~』

と答えても、だいたいの人は大して解ってくれないものです。

今までたいした病気もせずに、健康でやってきてる人には、

病気を患ってる人の辛さは、想像も出来ず、解らないのだろう、と思います。


でも、解らないのはしかた無い事だと思います。

でも、中には平気で無神経な事を言う人も居るので、

正直言って、本当に体が辛くて日々辛い思いをしてる時に、

心無い一言を言われると、谷底から突き落とされるような気分になる事もあります。

特に、自分の親しい人(と思ってる)人に、

病気の事を、無視するような発言をされると結構ショックです。

そして、付き合いが悪い病人とは、ちょっとずつ距離を出し始める人もいます。


家族や大事な人が病気で苦しんでいるならば、

気遣いや、思いやり、助け合い、励ますのが普通の感情だと思うので

大杉アナの場合は、旦那が理解も思いやりも愛情も足りなかった結果なんじゃないかと

思ってしまうんですよねっ。


2007/04/04(水) | バセドウ病治療&通院 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://americalife.blog97.fc2.com/tb.php/9-931d934c
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。