スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボロニャンこ

アメリカで買った メインクーン・カレンダーの今月の猫ちゃんが
ボロニャンに似ているんです。

色は違うんですけどね・・・





先月の猫ちゃんも、ボロニャンに似ていたんですよ。

ヨダレかけ部分の毛は短いんですけどね・・・





ボロニャン
fc2blog_201310121905321d3.jpg



最近すっかり大人っぽく成ったボロニャン
優しくて、良い子で、ハンサムで、手足が長くて、優しくて、、良い子で、、あれっ?繰り返してる?
fc2blog_20131012194249828.jpg



こちらは、ボロニャンと始めて会ったときの写真です。2010年1月



マイナス10℃以下の真夜中、窓の外から家の中のたぬき猫を見ていました。

このときのボロニャンは、
きつい首輪を着けられていて、首の周りの毛が擦れて無く成っていました。
それだけでは無く、体の毛のほとんどがガチガチに固まっており、
所々の毛が抜け落ち剥げていて、皮膚に血が点々と付いていたのです。
体もガリガリで、あきらかに飼育放棄されている状態でした。

ボロニャンが2度目に現れたときには、きつきつの首輪が外されていたので
完全に捨てられたのだと確信しました。
仮にも自分で決めて飼った猫がこんなに酷い姿に成って行くのを
よく身近で平気で見ていられたものだと、憤りを感じたものです。



その後、保護するまでや病院での検査、治療などが大変でしたが(FIVキャリア持ちだった事もあり)
ボロニャンがとても頑張ってくれたので、本来の美しさと健康状態を取り戻して現在に至ります。



今、ボロニャンがこんなに可愛らしく元気な姿で
海を渡って日本で生活しているなどとは
ボロニャンの健康を害し生命に危険を与えた飼育放棄クソ野郎は夢にも思わないことと思います。





2013/10/09(水) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(-) | コメント(6)

ボロニャン君

ボロニャン











先日、メープルシロップ入りのマーガリンというのを買ったのですが
これをパンに乗せると、必ずボロニャンが舐めようとするんです。




昨日は、ちょっと目を離した隙にテーブルに乗っかって嬉しそうに舐めていました。




猫の体に悪そうなので(写真を撮ってから)速攻辞めさせましたが・・・
いつもバターやマーガリンには反応しないので
メープルシロップが気に入ったのでしょうかね(・・?))


2012/10/05(金) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(-) | コメント(2)

ボロニャン&たぬき猫の行方

成田空港に到着したボロニャン&たぬき猫は、動物検疫所からそのまま
係留施設内に移され、現在もそこに居ます。


アメリカから日本へペットを連れて帰るには、半年以上前から (8ヶ月位前からしておくと良いと思う)
狂犬病予防や狂犬病抗体化検査等々、色々と準備が必要なのですが、
狂犬病抗体化検査(動物病院で採血した血栓を別の州の検査機関に送り検査をする)
を受けた日から数えて180日間アメリカに留まらないといけない決まりがあり、
その180日間が経過する前にペットを日本へ連れて行くと、
180日間に達するまでペットは係留施設内のケージで過ごさなくては成りません。


で・・・ 

今回、ボロニャン&たぬき猫は180日に達して無いうちに日本へ連れて来てしまった為、約1ヶ月係留施設内で過ごして貰う事に成ってしまったのでした。


ごめんねボロニャン&たぬき猫。。 心の声



係留施設は有料で、ペットホテルのように1日単位で料金が掛かります。
係留施設の係り員の方が成田の動物検疫所まで猫達を引き取りに来てくれたのですが、その際の運送料も掛かりました。(ちなみに全額前金です)

係留施設では餌の指定ができて、毎日廊下に出して貰いお散歩をさせて貰えています。
電話で猫達の様子を聞く事もでき、面会も出来ます。

今のところ面会には2回程行ったのですが、係留施設の方々が動物好きで親切な方々で安心できました。 
明日も行く予定です。



こちらは、5日前に面会に行ったときの写真


1度目のときは、池袋から日暮里。
そこからスカイライナーで空港まで行き、タクシーで係留所へ行ったのですが、交通費だけで1万円近く掛かってしまったので2度目の面会は少し安いシティーライナーを使いました。



京成成田駅で降り、JR成田駅のバス乗り場の前にあった定食屋さん(かな?)で、お昼を食べました。
ショウガ焼き定食が美味しかったです♪
8___IMG_0062.jpg




JRバスで係留所の近くまで行きました。
8___IMG_0066.jpg



実は生まれてから数えるほどしかバスに乗った事が無く、乗り方やお金払い方が良く解らなくてちょっと緊張してしまいました 情けない・・・
8___IMG_0065.jpg




無事バスを降りて歩く事数分で、係留所施設の塀が見えてきます。
入口に居る警官に、ペットの面会の予約をしている事と名前を言い、ゲートを開けて貰います。
8___IMG_0072.jpg


ゲートに入ると、数人の警察官がいて、ペットの面会と言うよりまるで囚人の面会みたい。
空港施設になるので、警備が厳しいのでしょうね。
8___IMG_0075.jpg



ペットとの面会は、過ごしているケージの中や廊下でする事が出来ます。


あら、みなさんお久しぶり・・ ってなんかぼやけてません?
8_____IMG_0079.jpg


ボクもいるよ・・・ あれっ、なんで後ろ向きなの?
8____IMG_0085.jpg





2012/08/18(土) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(-) | コメント(7)

猫達の空の旅・・・・

さかのぼること、日本へ戻る少し前・・・





ボクの夢は空を飛ぶこと   ←ホントか?
8__IMG_4326.jpg




凛々しい表情で夢を語りだしたボロニャンですが・・・   ←??

毛が水に浸かってます








わたしは可愛いたぬき猫   わたしは可愛いたぬき猫  ボソッ

8__IMG_4324.jpg





数日後・・・・




8__SANY0019.jpg






いよいよボクの夢が叶うときが来た  

ドキドキ 
8__SANY0024.jpg




なんで私がアンタの夢につきあわなきゃなんないの ?  

8__SANY0025.jpg




・・・と言ってたかどうかは分かりませんが
ボロニャン&たぬき猫には、私と一緒に空を飛んで頂きました



シカゴ空港のJALカウンターにてチェックイン中
8__SANY0026.jpg




よく解らない場所へ連れて来られて、知らない人たちにケージの中をジロジロと覗かれ
ボロニャン&たぬき猫はかなりの緊張状態でした。

私も猫達の長旅が心配で・・ なんだか落ち着かないでいたら
チェックインカウンターの係りの黒人のおばさんに伝わったようで、肩を抱かれて「心配よね、解るわ・・」なんて慰めて?貰ってしまいました。




チェックイン後は、優しげな空港職員に連れられて別の場所へ移動
8__SANY0027.jpg


ケージの中の検査を受けた後、ここでたぬき猫&ボロニャンとお別れになりました。

同じ飛行機に乗るものの、再会は成田に着いてからです。




そして成田に到着し、引き取り終了直後↓

上がたぬき猫で、下がボロニャンです。

たぬき猫は割と元気そうだったのですが、ボロニャンは明らかに怯えていました。。
8__SANY0035.jpg



この後、空港内の動物検疫所へ書類の提出に行き、猫達は診察室のほうでドクターの簡単な健康診断を受けました。



そして、ボロニャン&たぬき猫は今何処に??

つづく・・・・



2012/08/16(木) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(-) | コメント(0)

ボロニャンお風呂へ


週末暑かったので、ボロニャンをシャンプーしてあげました。  (私はカメラマン)



キレイキレイしようね  特にお尻を・・・


またおちりですか?
5_06_2012_IMG_4048z.jpg



右はシャンプー入りのバケツで、左がゆすぎのお湯のバケツ
5_06_2012_5IMG_405000.jpg



ボロニャン、背中が凝ってるね~  マッサージしてあげるね  ←?
5_6_2012_IMG_4056.jpg


5_6_2012_IMG_4060.jpg


何気に手足が長い↑



ふきふき
5_6_2012_IMG_4069z.jpg


ふきふきふき・・・
5_6_2012_IMG_4073.jpg



ボロニャンがうちに来てから、今回で4度目のシャンプーでした。 


2012/05/07(月) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(1) | コメント(0)

ボロニャン2周年記念日


ボロニャンが我が家の猫に成ってから、今日で丁度2年に成りました。

FunPhotoBox252056s2xbldrp.jpg


ちなみに、実年齢は3歳くらいのようです。


当初、うちの庭に現れたボロニャンを友達が飼う予定だったのですが・・・
ボロニャンを連れ帰ってから2時間も経たないうちに友達がギブアップしたので
ボロニャンは結局、我が家の一員に成ったのでした。 めでたしめでたし

友達がギブアップした原因etc... はこちら→ 2010年3月25日の記事 出戻りボロニャン



ボロニャンが家の庭に来始めた頃。 2010年3月
3_25_2012_201003061407041f1.jpg
3_25_2012_20100306140703dd5.jpg

当初から、可愛い顔をしていたのですが・・・・
あちらこちらの毛が抜け落ちていて、ダニだらけで皮膚にはダニに血を吸われた跡が沢山あり
ガリガリで、臭くて、かなり酷い状態でした。


今でこそルームメイト殿はボロニャンにデレデレ状態なのですが
ボロニャンが庭に来始めた当初、

「触っちゃダメだ! こいつは病気を持ってるに違いない!」
 

なんて言ってたんです。

まぁ、その後FIVキャリアを持ってる事が判明したので、”病気持ち”はハズレでは無かったのですが・・・。



現在のボロニャンは、毛が艶やかでサラサラしていて皮膚も健康そのもの。
3_25_2012_IMG_3853.jpg


末永く元気に一緒にいて貰いたいです。

2012/03/25(日) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(0) | コメント(0)

ほぼ夏の陽気に・・・


庭のこぶしが満開に成りました。

毎年、4月の中旬くらいに満開になっていたのですが、
今年の冬は温暖で、春の陽気に成るのが早かったので
蕾を持ったな~と思っていたら、一気に満開に!




先週あたりから、最高気温が20℃を越え始めて、今日は28℃まで上がりました。
私がこちらに移り住んでから、こんなに気温が高かった冬も春も初めてです。


気温が変わっても、ボロニャンはいつもと変わりなく日向ぼっこをしております・・・

3_20_2012_IMG_3912.jpg


3_20_2012_IMG_3914.jpg


3_20_2012_IMG_3915.jpg


3_20_2012_IMG_3918.jpg

気持ちよさげで可愛いけれど、
直射日光をガンガンに浴びながらゴロゴロして暑くないのでしょうかね??
猫って体温も高いし、長毛なのに・・・ 大丈夫なのかしら(謎)


2012/03/21(水) | ボロニャンの記録&写真 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。